ホームページ制作業者の選び方を解説します

どういう風に選べばよいのかしら?

こうした悩みを解決します。

業者によって得意不得意がある

デザインが得意、サイト内回遊率上げるのが得意など、業者によって得意なものが異なります。

これは業者の出身や考え方によるもので、
Webデザイナーと自称する人たちはデザインにこだわることが多く、コーダーと自称する人たちは目的達成のための導線作りにこだわることが多いです。

業者が何を得意としているかはポートフォリオなどない限り判断できませんから直接先方に尋ねてみるとよいと思います。
もしデザインにこだわりたいのに、そういうのに向かない業者を選んでもお互いに不幸になると業者も分かっているので、別を紹介してくれたりするはずです。

Webデザイナー

画面内での動画再生、スクロール検知してテキストがアニメーションでスライドインしてくるとか見た目・動きの魅せるスキルを磨いてきた業者。
デザイン出身の人が多い。

メリット:
商品を見た目で訴求したいときに力を発揮する。

デメリット:
上手、下手がけっこう出る他、相性の問題に悩まされることも。
制作費用が高額になりがちで、保守メンテも規模によっては大きな出費になることも。

オススメしたい人:
ファッションやインテリア、アクセサリーなど見た目に訴求する商品を扱う人

コーダー

ホームページの目的を達成するためにどういう導線設計をするか考え、構築するスキルを磨いてきた業者。
プログラマー出身の人が多い。

メリット:
サイトを回遊したり、何かしらの行動をとってもらうための仕組み作りがしたいときに力を発揮する

デメリット:
見た目が質素になりがち。
比較的安価で、保守メンテ対応が素早い

オススメしたい人:
役所関係やBtoBビジネスを行う人

ちなみに、立科プログラミングはコーダー側に偏った考え方をしています。

立地

近くにいる業者ほどよい傾向があります。

というのも、ホームページの制作・管理は打ち合わせや確認、修正の作業が何度も必要になることから、近くにいるほど対応が早くできる利点があるからです。

遠方の業者と契約すると、ある程度まとまった量になるまで対応してくれないところがあります。
こうなると保守メンテ性が非常に悪く、運用していてもホームページの効果がない可能性があります。

まとめ

・ デザインが得意、サイト内回遊率上げるのが得意など、業者によって得意なものが異なります。 業者に尋ねてみるとよいです。
・ 近くにいる業者ほどよい傾向があります。