組み込みエンジニアは回路図やハードウェアの知識をつけるべきか解説します

プログラミングできるだけじゃダメ?

こうした悩みを解決します。

ハードウェア知識の習得は必須

組み込みエンジニアやってると、ハードウェアの知識も必要になります。
というか、そうならざるをえない環境にあります。
「この動作不良ってハードウェアが原因のような気がする...」
と脳裏をよぎることが多々あるからです。

あれ?ここの出力から何も出てこない...
んー、これはハード担当の○○さんやらかしましたなあ。
けどまず自分で回路動作を確認しておこう。
この出力の直前にLPFがあって、前段はダイオードで半波整流してる、
整流する前の波形は、スイッチとして使ってるこのNch FETが...
ん!?FETのゲートにHiを与えてないから何も出てないのか?
デバッグしてこのI/O出力を確認して...あ、自分のミスだったー!

自分の書いたプログラムは問題ないはず、と思ってる人(=私)ほどこうした傾向にあるのではないでしょうか。
そして気づけば、はんだゴテと基板とオシロスコープが机に常に置かれてる状態になります笑

相手の仕事を少し理解できるだけで、仕事の進め方が全然変わってきますので、組み込みエンジニアはハードウェアの理解に貪欲になってよいでしょう。

あわせて読みたい:
【初期値不定】製品発売の2年後に重大なバグを抱えていたことが発覚した話