プログラミングを学ぶメリット/デメリットを解説します

プログラミングを学ぶって実際どうなの?

こうした悩みを解決します。

記事の内容

・プログラミングを学ぶメリット・デメリット
・プログラミングは人を選ぶ

解説の根拠

ソフトウェアエンジニアとして10年間勤務しました。
組み込みエンジニアと呼ばれる分野で、家電製品や小型の機器を動かすソフトウェア作りをやっていました。

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングを学ぶことで、物事を順序立てて考える力を身につけることができます。

目的の動作を実現するにあたり、まず小さな単位に区切って、単位当たりの動作手順を考えます。
動作手順を考えたら実際にプログラミングして問題なく動作するか確認します。
動作確認できたら次の単位でも同じ様に動作手順を考え、プログラミングします。
そうしてある程度できたら別々に作ったものをつなぎ合わせて、問題なく動作するかまた確認します。
これを繰り返して、最終的にすべてつなぎ合わせて目的の動作を完成させます。

こうしたことから、プログラミングを行うにあたってまずは動作手順を考えることが必要ですし、
いざプログラミングしてみると思ったとおりに動かなくて、またそこで考えることが多くなります。

こうした過程の中で、こうしたらどうなるだろう、とか、こうするにはこれとあれが必要だな、とか考える力が身についてきます。

プログラミングを学ぶデメリット

デメリットを強いて挙げるとすれば、視力低下や猫背になる可能性があります。

プログラミングで分からないことがあったりすると、パソコンの前にいる時間が長くなります。
ついついパソコンの画面をずっと眺めていたり、同じ姿勢で長時間いるので背中が丸まってきたりします。
熱中しすぎないよう注意しながら取り組む必要があります。

プログラミングやるにはタイミングが重要

自身の経験からしてプログラミングを行うには、タイミングがあると考えています。

集中力を必要とするので、頭が働く時に取り組むと生産性が高いですが、ダメな時はどれだけがんばってもダメだったりします。
仕事中にどうしても分からなかったことが、休みをまたいで再度見返すと一気に解決することもあります。
そのため、一度取り組んでダメだからと諦めずに時間をおいて何度か挑戦してみるとよいでしょう。
少しずつ理解していくことを続けているうちに、急速に成長できる機会があるものです。

あと、プログラミングをやるにあたって人それぞれ興味を引く対象が違う点も考える必要があります。
スマホアプリを作るのが面白いと感じる人もいれば、動いたり光ったりするのが面白いと感じる人もいるので、
面白そうだなあと感じるものから取り組むのがよいと思います。

まとめ

・物事を順序立てて考える力を身につけることできるのがメリット
・視力低下や猫背になる可能性があるのがデメリット
・プログラミングを学ぶにはタイミングをみて、分からない場合はいったん休んで再開するのも良し
・興味を持つ対象から学習を始めるのがよい

立科プログラミングでは小学生・中学生を対象としたプログラミングスクールをやっています。
年齢や学習進度をふまえて一人一人に最適な教材を選んで進めていきます。
詳細はこちらをクリック