Web食いオンラインスクールの特徴をまとめたので紹介します

結論から言いますと、
⇒学習内容はWeb 系のプログラミング言語やデザインツール、Webディレクション
⇒費用面で他社と差別化、自己学習で進めていつでも質問できるサービス付き
⇒プログラマーとしての就職支援あり、学習中にスクールから案件依頼が来るので実務的

プログラマーになれるか試すにはピッタリ、本気になれば支援も手厚いです!

Web食いオンラインスクール公式サイトはこちら

費用面でメリット

プログラミングスクールだとテックキャンプや DMM キャンプなど大手のスクールが有名ですが、 Web 食いオンラインスクールは他のスクールと違って費用面の差別化が図られています。

なぜこれを1番に挙げるのかというと、プログラミング学習は途中で挫折する人が結構多いからです。最初は皆やる気があって大手のスクールに何十万円も払って入会すると思うんですけど、続けていく中で精神的に限界が来て辞めていくんですよね。
私が思うにプログラミングスクールってどこも内容はそんなに大差ないです。 教えられることは大体限りがありますし、現場で活かすことによってしかスキルアップの道がないのが現実だからです。

だからこそ極力お金をかけずに学習できる学校に入って、自分の道を切り開くことをオススメしたいです。

Web食いオンラインスクールだと、入会費が約54,800円で月会費が10,800 円となっており、これは教材費やアドバイス費などをすべて含んだ金額なので、他と比べて費用対効果が非常に高いです。

学習内容

学習できる内容は Web 系のプログラミング言語と Illustrator や Photoshopなどデザイン、またSEOやお客様との交渉などWebディレクションです。
学習教材は現役の講師が現場で体験した内容が元になっているので、とても実践向きです。その教材をオンラインで学習していきます。
分からないことがあればチャットでいつでも何度でも質問できるので、問題を着実に理解しながらステップアップすることができます。

進路や面接、履歴書の相談が可能

プログラミング学習だけにとどまらずスクール卒業後のフォローも含まれています。

早い人だとスクールを1ヶ月半で卒業してプログラマーとして採用されている方もいるようですが、多くの方は3ヶ月以上で学習を終えて就職しているようです。
受講生のうちほとんどは会社員だそうで、どこに就職したかは現状非公開。
気になる方は問い合わせフォームから聞いてくださいということでした。

お金をもらいながらプログラミング学習できるかも!

また就職だけではなくてそのスキルがあると判断された方にはスクールから案件の依頼もしているそうです。
数万円から数十万円の制作案件が中心とのこと!

簡単な案件であれば、在学中の方でも依頼が来ることもあり、それをこなすことによって
スクール費用が実質無料、お金もらいながら学習できる機会に恵まれることもあるとのことでした。

これは大手ではありえないのですごく良いですね!依頼内容に困っても講師のサポートがつくので、臆せず取り組めますね!!

プログラミング学習している、また検討している方は問合せしてくださいませ!

Web食いオンラインスクール公式サイトはこちら