Progateやるなら一緒にWordPress始めると効果的なので紹介します

Progateどこまでやるべき?
終わったらどうすればいい?

こうした悩みを解決します。

はじめに結論

Progateだけやっていてもアウトプットすることがないので学習効率が悪いです。
Progateの学習に並行してWordPressでサイトやブログを作ってみるのがよいです。

サーバーとドメインの契約が必要になりますが、ConoHaWING(サーバ会社)との契約がオススメ。
ドメイン無料でもらえる、処理が早い、そして何よりWordPressインストールが簡単ですぐ始められます

ConoHa WING

Progateの欠点:アウトプットすることがない

Progateは与えられた課題を解決するためのコードを記述して学習していきます。
自分の書いたコードが動くと嬉しくて楽しいですよね。それゆえどんどん学習を続けられます。

ただ、ちゃんと理解せずに進めてしまい、結局何周もしてしまう人も少なくありません。
プログラミング言語の理解習得にはアウトプットが必須です。
途中でうまく動かずつまずくこともあるでしょう。
そこで自ら調べて解決することで少しずつ知識が身につき、スキルアップにつながります。

Progateで学習したことは忘れないうちにアウトプットすることをオススメします。

アウトプットに適しているのがWordPress

プログラミング言語のアウトプットにオススメなのがWordPressです。

WordPressはホームページやブログの作成ツールで、プログラミングすることで自分の作りたいものを自由に作り上げることができます。

HTML/CSS/JavaScript等のフロントエンド系言語をやるだけならCodepenで気軽にアウトプットできるのですが、
将来的にバックエンド側をいじったりするときにもWordPressをやっていれば、そのまま継続して触れるので重宝します。

それにWEB制作ってWordPressでの実装もよくあるので、何にしてもプログラミング学習すると将来的にWordPressを触ることになると思います。
Googleアナリティクスやサーチコンソール、SEOなど究めれば、広告収入も見込めるようになりますし、せっかくProgateやるなら、並行してWordPressにも挑戦してみましょう。

え、けどWordPressってテーマ入れるだけじゃん
プラグインとか使えば何でもできるし。

そう思うかもしれませんが、どのテーマやプラグインを使っても細かいところに手が届かないです。
どうしてもHTMLやCSSを書いてカスタムする必要が出てきます。

WordPressの始め方

WordPressを始めるには、まずサーバーとドメインの契約が必要になります。

例えると、WordPressは家で、サーバーは土地、ドメインは住所です。
サーバーの会社、ドメインの会社とそれぞれあるのですが、最近ではサーバー会社との契約でドメインを無償プレゼントがあります。

私が使っているConoHaWINGのサーバーだと、ドメインが2つ無料でもらえます(=つまりドメイン会社との契約不要)。

ConoHa WING