アドセンスの全画面広告の消し方が分かったので紹介します

ブログ見ようとしたら広告画面が出るの消したい..

※この記事は自身のメディアにてGoogleアドセンスの広告表示を設定する、という内容です。

全画面広告とは

全画面広告とは、ページを開いた時にはじめに全画面に表示されるアドセンス広告です。
自動広告ONにしてると、全画面広告もONになっていると思います。

全画面広告もともとモバイル端末にて導入済みだったようですが、2020年11月3日より、パソコンにも展開されるようになったとのこと。
詳細を見る

この全画面広告…正直鬱陶しくてしょうがないです。パソコンで出てきて初めて気づきましたが、今までモバイルユーザーの方に表示されてたと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

こんな風に広告が出てきても誰も押さないんじゃないの?と思いますが、Googleが言うには、広告として表示する価値があるそうです。公式コメントは下記のとおり。

Google のテストにより、モバイル全画面広告は広い画面での閲覧時にも効果を発揮することがわかっています。

…とはいえ、Googleが認めたとしても、やっぱり全画面広告は嫌だな…ということで全画面広告OFFにしました。

設定方法

全画面広告ON/OFFを切り替えられます。

アドセンスページトップ→広告→「サイトごとタブ」ページに登録サイト名が出てると思います、その右欄にある鉛筆マークをクリック

これで広告設定のプレビュー画面に飛びます。

そして、広告設定タブ→広告のフォーマット
を選択し、この中にある”モバイル全画面広告”と”幅の広い画面”を切り替えることで設定できます。

モバイル全画面広告がモバイル端末、幅の広い画面がパソコンに対応しています。

モバイル全画面をOFFにすれば、幅の広い画面も自動的にOFFになって全画面広告がパソコンでもモバイルでも表示されません。
モバイル全画面広告がONの状態で幅の広い画面をOFFにすれば、パソコンで全画面広告が表示されず、モバイル端末では表示されます。

元々モバイル全画面広告だけだったので、
2020/11/24時点では幅の広い画面単体で設定することができません。

私は全画面広告が好きではないので、両方OFFにしています。

収益への影響

全画面広告をやめても、広告収益に変化ありませんでした。

最近のアドセンスはエンゲージメント率を大事にしているそうで、
誤クリックしても、すぐに戻られると広告収益は発生しないようです。

無理して広告見せてユーザーを失うよりも、
広告出さずに自分のページを見てもらったほうが有益だと考えます。

まとめ

・全画面広告とは、ページを開いた時にはじめに全画面に表示されるアドセンス広告です
・全画面広告ON/OFFは切り替えられます。
・モバイル全画面広告がモバイル端末、幅の広い画面がパソコンに対応しています。
・全画面広告をやめても、広告収益に変化ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました